紙のサイズについて

通常、印刷に使用される紙のサイズは規格化されていて、それぞれの用途・目的に応じた紙のサイズが使用されています。 A判・B判、それよりもひとまわり広い四六判・菊判などという規格の紙があります。 一般的に雑誌などはA4判、マニュアルや書籍はB5判・A4判、チラシはB4判・B3判、ポスターはA2判・B2判などと、A判とB判がよく利用されています。規格サイズ以外の寸法での印刷もできますが、寸法取りでロスが多くでてしまい、コストがかかります。 (印刷価格が高くなります)

A判 (サイズ/mm)

A判サイズ

A0判
841×1189
A1判
594×841
A2判
420×594
A3判
297×420
A4判
210×297
A5判
148×210
A6判
105×148

B判 (サイズ/mm)

B判サイズ

B0判
1030×1456
B1判
728×1030
B2判
515×728
B3判
364×515
B4判
257×364
B5判
182×257
B6判
128×182

その他 (サイズ/mm)

官製はがき
100×148
私製はがき
90〜107×140〜154
一般的な名刺
55×91

紙の大きさとともに、紙質にも様々なものがあります。インクの反射が良く鮮やかなものや、反対に沈んだようになるもの、最初から色の付いたものなど、同じデータで印刷しても紙質や形態によっては全く違うイメージの印刷物になったりします。印刷会社では、印刷物の目的やお客様のご希望に応じて使い分けることができるように、紙の種類の見本を豊富に揃えています。

よく使われる紙

アート紙
一般的な印刷用紙の中で一番表面がなめらかなで白く光沢がある用紙。写 真の表現力が優れ、画集やポスター・高級印刷物によく使われます。コート紙・マット紙・上質紙よりも値段は高い。
コート紙
アート紙と同じように表面に光沢のある印刷用紙。インクの発色などはアート紙よりもややおちますが、値段はアート紙よりも安いので、カラー印刷では一番多く使われています。
マット紙
アート・コートに比べて紙の表面の光沢が少なくインクの発色は押さえられますが、しっとりとした仕上がりになります。
上質紙
元々着色された紙もあり、1色印刷で多く利用されます。

その他、和紙・表面に特殊な加工を施した紙・再生紙など、ご希望によりいろんな紙に印刷することができます。また、それぞれの紙には厚さも幾通りかあり、印刷費用に大きく関係します。用紙の大きさ、厚さ、種類は印刷物の目的に合ったものを選ぶことが大変重要です。